07.内装足場
階段用作業足場

ユニテージ(階段タイプ)


特長

  • アルミ合金のため非常に軽量である。
  • 十分な強度、4倍の安全率、積載荷重250kg OK(中央集中荷重)
  • シンプルな部材構成なので、簡単に組立てられる。
  • ステージ下に中間支柱を必要としないので、階段の上り下りが容易にできる。

本体規格

部材構成表

番号 品名 サイズ 自重(kg)
(1) 本体1型 MIN2420~MAX3820
29kg
本体2型 MIN1720~MAX2620
23kg
1-A型(本体1型+補助ステージ) MIN3900~MAX5000
29+10kg
(2) 手摺1型 1型専用
15kg
手摺2型 2型専用
11kg
補助ステージ手摺 補助ステージ専用手摺
8kg
(3) 枠用伸縮ビーム MIN1200~MAX1824(ミリ・インチ兼用)
14kg
枠用伸縮ビーム MIN1800~MAX2438(ミリ・インチ兼用)
16kg
枠用伸縮ビーム MIN2400~MAX3048(ミリ・インチ兼用)
14kg
(4) 枠用方杖(クランプ付) 1345
2kg
(5) 伸縮梁渡し MIN600~MAX914(ミリ・インチ兼用)
4kg
伸縮梁渡し MIN900~MAX1219(ミリ・インチ兼用)
6kg
(6) UN枠用手摺 MIN735~MAX1250
11kg
(7) UN踊場手摺 MIN400~MAX600
7kg
(8) テッスルD型 MIN1650~MAX2800
5kg

組立手順

  1. 階段踊場にジャッキベースを所定位置に置き建枠をセットする。
  2. 建枠連結ピンに【3】枠用伸縮ビームを差込み、【4】方杖にて固定する。
  3. 布板を一列にジョイントする場合は、【5】伸縮梁渡しを【3】枠用伸縮ビームに掛ける。
  4. 建枠に布板を乗せる。
  5. 【3】枠用伸縮ビームに連結ピンを取付け、【6】枠用手摺を差し込む。
  6. 【8】テッスルD型を【6】枠用手摺に取付ける。
  7. 上段踊り場の③枠用伸縮ビームに【1】ユニテージ本体の内ステージの取付フックを掛け、外ステージをスライドさせ下段足場の【3】枠用伸縮ビームに取付フックを掛け、伸縮固定用のトグルピンを差込む。
  8. 【1】ユニテージ本体に手摺を取付ける。
  9. 【7】踊場手摺を【3】枠用伸縮ビームの中間に直交クランプで取付け完成。

使用上の注意

  • 各止めピンは確実に締めて使用して下さい。
  • 規格サイズ以上伸ばして使用しないで下さい。
  • 本ステージはつかみ金具(爪)部を建枠又は、単管パイプ等に引掛けて使用して下さい。
  • 安全帯ロープ、親綱、控え、壁つなぎ、資材荷揚げの吊り元に使用しないで下さい。
  • 手摺に材料などを立て掛けないで下さい。
  • 手摺の上桟、中桟を踏み桟がわりに使用しないで下さい。
  • 製品に溶接を施したり、穴をあけたりしないで下さい。
  • 踊場部の建枠を二段にしたり不安定と思われる場合は、転倒防止のため根がらみ等の処置を講じてください。
  • 本品を作業通路以外の用途に使用しないで下さい。

【関係法令】
労働安全衛生規則 第10章 第1節 第540条、第542条、第544条、第552条
仮設工業会発行「墜落防護工安全基準の説明」